HOME | サイトマップ | 資料請求 | お問合せ 
メインメニュー
設立目的 学会概要 学会事業 学会認定資格 研修・各種講座 学会大会 学会誌案内 学会会報誌 メンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士を探す 正会員一覧 入会案内 会員限定ページ 日本国認定「学会名鑑」 学会提携医療機関 医療福祉情報実務能力協会
ご挨拶 大会概要 日程・プログラム 演題募集 会場・交通案内 登録フォーム

【大会プログラム】令和4年10月2日(日)

受付開始
9:30〜10:00

メンタルケア学術学会第20回大会 開会宣言
10:00〜10:10

  • 別府 武彦 メンタルケア学術学会 理事長

大会企画講演1 午前の部 10:10〜11:10

健康意識向上における教育の重要性 〜 様々な実証試験を通じ、学んだこと〜

  • 梅田 智広(医学博士・技術経営修士)
    奈良県立医科大学教授・MBT研究所副所長

    <概要>
     平均寿命の伸長と高齢化に伴い日本の医療費は増加し続けている。これら課題解決には情報提供方法の構築、健康志向への誘導、効率的な予防サービスの提供が必要であり、かつコストミニマム、ベストエフォートに向けたシステムが求められる。
     そこで我々は、各種センサ、ITを活かした新たなヘルスケアプラットフォーム「MBT(Medicine-BasedTown)パーソナル」を構築してきた。
      MBT構想の実現に向けたその取組、普及においては個々の理解が必要であり、理解が進めば身体的改善もより見込める。重要なのは教育であった。思考の変容は行動を変容する。

大会企画講演2 午前の部 11:20〜12:20

こころ検定による心理学の早期教育
― 高校における「科学的知識」と「グループワーク体験学習」 を通じた心理学教育 ―

  • 今関 仁智(心理学修士・メンタルケア心理専門士)
    メンタルケア学術学会:理事・専任講師
    合同会社S&P心理臨床オフィス:代表社員

    <概要>
      2022年度より、クラーク国際記念高等学校・横浜キャンパスにて、2年生・3年生を対象に、こころ検定の授業が開講された。
    本講座は前期にこころ検定4級、後期にこころ検定3級の内容を実施し、1年間を通して、高校生に心理学の基礎教育を実施する。
     本講演では、こころ検定による本格的な早期教育として開始されたクラーク国際記念高等学校・横浜キャンパスでの活動について、カリキュラム構成や実際の授業内容・授業風景などについて取り上げながら、心理学の早期教育の重要性について報告させていただく。

昼休憩 12:20〜13:20

大会企画講演3
午後の部 13:20〜14:20

  • 北見 由奈(公認心理師・指導健康心理士・健康運動指導士)
    湘南工科大学工学部 総合文化教育センター兼教職センター 准教授

研究・活動報告 午後の部 14:40〜15:40

こころ検定の「これまで」と「これから」
― 試験結果の統計解析からの検討 ―

  • 今関 仁智(心理学修士・メンタルケア心理専門士)
    メンタルケア学術学会:理事・専任講師
    合同会社S&P心理臨床オフィス:代表社員

<概要>
  2017年から開始されたこころ検定は、1級・2級・3級・4級があり、既に日本全国で5000名以上の方々が受検している。
本研究では、こころ検定の受検データや試験結果について、基本的なデータ解析・統計分析を実施し、各級の受検者層や現状について検討する。
また、各種データ解析の結果から、こころ検定の今後の方向性についても提言する。

  • 他 会員応募により追加

大会研修1 午後の部 15:50〜16:50

こころ検定1級(メンタルケア心理専門士)の仕事
― 心理カウンセリング・教育・コンサルティングを中心に ―

  • 武澤 充孝(メンタルケア心理専門士)
    ハートフル・ラボ優心・カウンセリングルーム優心 代表カウンセラー
    有限会社有心個別アカデミー 代表取締役

    <概要>
      本研修では、自身がこころ検定1級(メンタルケア心理専門士)の資格を取得後に実施してきた専門家としての仕事を通じて、心理カウンセラーの日々の活動についてお話させていただく。
    誰でも最初は心理カウンセラーとしてのカウンセリングに戸惑いを感じるものです。そうした方々に対して、少しでもヒントになるような研修にしたいと考えております。具体的には、様々な心理療法がある中で「折衷主義」に立った一連のカウンセリング手法をお話しいたします。また、メンタルケア心理士養成講座における「教育」実践と企業向け「メンタルヘルスサービス」についてのモデルについても、ご紹介させていただきます。

大会研修2 午後の部 17:00〜18:00

セルフケアと心理カウンセリングのための心拍変動バイオフィードバック療法

  • 今関 仁智(心理学修士・メンタルケア心理専門士)
    メンタルケア学術学会:理事・専任講師
    合同会社S&P心理臨床オフィス:代表社員

    <概要>
     現在、自律神経の状態やストレスは数値化・視覚化することができる。この技術を活用し、心拍の状態から自律神経活動をリアルタイムで測定・評価する心拍変動バイオフィードバック療法が心理カウンセリングなどの現場で活用されている。
     本研修では、心拍変動バイオフィードバック療法の基本的な背景理論について解説するとともに、心拍変動バイオフィードバック療法を実施した事例研究の成果、実践場面での活用方法について講演を実施する。

メンタルケア学術学会第20回大会 閉会宣言
18:00〜18:10

  • 別府 武彦 メンタルケア学術学会 理事長

オンライン懇親会 18:30〜20:00(終了予定)

※講演内容・タイトルおよびタイムテーブルは、予告なく変更となる可能性があります。変更の場合はホームページ上で変更いたします。予めご了承ください。

ALL RIGHTS RESERVED BY LCM メンタルケア学術学会