HOME | サイトマップ | 資料請求 | お問合せ 
メインメニュー
設立目的 学会概要 学会事業 学会認定資格 研修・各種講座 学会大会 学会誌案内 学会会報誌 メンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士を探す 正会員一覧 入会案内 会員限定ページ 日本国認定「学会名鑑」 学会提携医療機関 医療福祉情報実務能力協会
電通こころラボ
研究発表や事例発表を行う学術大会の開催

年間2回、会員のカウンセリング研究発表やカウンセリング実績、事例を発表し、相互の知識技術を研鑽しあう。 また、各領域専門家、臨床家との情報交流なども行います。


 学術学会
 演題・研究発表
 ポスター発表
 演題・研究投稿
メンタルケア心理士(R)からメンタルケア心理専門士(R)への 受験啓発と資格向上活動

メンタルケア心理士の臨床心理・カウンセリングの基礎知識からメンタルケア心理専門士への臨床心理・カウンセリングの応用知識、さらには予防的見地の視点を持ち、治療だけでなく、未然に防ぐ衛生政策の考えを持つための研鑽を行い、専門知識を備えた資格保有者を輩出します。


 基礎講座
 応用講座
メンタルケア心理専門士(R)スキルアップ事業 

カウンセリング経験者、心理・臨床専門家からカウンセリングの更なる知識、技術向上のためのスキルアップや研究発表などを行います。また、メンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士の資格取得者同士の交流を、大会を通じて行い、情報交流を行います。


 研究ガイダンス講座
 学会ポイント認可セミナー・シンポジウム

メンタルケア心理専門士(R)の就業支援、独立相談室開業支援事業

メンタルケア心理専門士の資格取得後、研究活動、実務活動、学術活動など多方面で心理学の発展、社会貢献をしている方に対し、学会理事会にて審査後「メンタルケア学術学会(R)認定プロカウンセラー」として学会がその人物に対し認定を行います。また、医療機関や福祉施設、相談援助機関、その他カウンセラーが活躍できうる事業所などへの推薦や事業所開設に関わる相談などを行います。
学会員活動の紹介のWEBサイトでは、学会員それぞれの活動を広く一般へ紹介しより多くの活動機会を見つけていただく場を提供いたします。


 U種 認定者研修講座
 T種課程対象 応用講座

メンタルケア心理士(R)、メンタルケア心理専門士(R)養成講師育成事業

メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士資格取得者に対し、保有する正確な知識を人へ伝える能力を有し、今後メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士を目指す方への教授を行う講師の養成を行います。講師養成には学会主催の研究会等の参加が義務付けられ、学会が定める研究会単位を修得後、講師としての審議の上、認定されます。


 学会認定資格付与制度

 

U種認定基本条件:下記の条件を満たし当学会の認定審査で承認された者(2014年10月より改正)
◇当学術学会正会員に在籍している者
◇年間10ポイントの取得(毎年度更新制) ◇准メンタルケア心理専門士(R)認定試験合格者
(規定ポイント取得でメンタルケア心理専門士(R)認定。但し、U種認定は必要書類提出後の審査あり)
◇メンタルケア心理専門士(R)認定試験合格者
<以上を2015年9月30日まで適用し、2015年10月1日より以下を追加し適用する>

・指導者研修修了者(10ポイントの換算に含む)
・カウンセリング演習Tまたはカウンセリング実技実践プログラム修了者(10ポイントの換算に含む。カウンセリング実技実践プログラム修了者はカウンセリング演習Tと同等のポイントを付与するものとします。)

U種講師 試験項目追加
・1次試験
U種認定講師登録の目的(レポート1200文字以内)
認定講師活動の具体的方針(レポート1200文字以内)

・2次試験
書類審査
メンタルケア・メンタルヘルス研修・セミナーの企画
提出物:企画書、進行表
講義審査
企画書、進行表に基づいたメンタルケア・メンタルヘルス研修・セミナーの実施(30分)

<注意事項>
・指導者研修およびカウンセリング演習Tまたはカウンセリング実技実践プログラム修了をしていない場合は、本制度は利用はできません。
・本制度利用による指導者研修およびカウンセリング演習Tまたはカウンセリング実技実践プログラム修了有効期限は修了認定より2年とします。(但し、ポイントの有効期限は1年とします)
有効期間内に本制度を利用しない場合、指導者研修およびカウンセリング演習Tを有効期限後に再受講し、修了する必要があります。

■メンタルケア学術学会(R)認定 U種講師・・・規定年間取得単位 年間10単位(1年毎更新制)

・U種講師とは・・・メンタルケア学術学会(R)認定講師U種(メンタルケア心理士(R)分野)を名乗ることができる。

T種認定基本条件:下記の条件を満たし当学会の認定審査で承認された者(2014年10月より改正)
◇年間15ポイントの取得(年度更新制)◇当学術学会正会員として2年以上在籍している者
◇メンタルケア心理専門士(R)認定試験合格者
<以上を2015年9月30日まで適用し、2015年10月1日より以下を追加し適用する>

T種講師 申請時要件追加
・U種講師登録者
・U種講師登録後、研修・セミナー等または指導的立場での活動をおこなった実績を持ち証明ができる者

T種講師 試験項目追加
・1次試験
T種認定講師登録の目的(レポート1200文字以内)
研修・セミナー等または指導的立場での活動レポート(2000文字以内)
T種認定講師活動の具体的方針(レポート1200文字以内)

・2次試験
書類審査
メンタルケア・メンタルヘルス研修・セミナーの企画
提出物:企画書、進行表
講義審査
企画書、進行表に基づいたメンタルケア・メンタルヘルス研修・セミナーの実施(60分)

■メンタルケア学術学会(R)認定 T種講師・・・規定年間取得単位 年間15単位(1年毎更新制)

・T種講師とは・・・メンタルケア学術学会(R)認定講師T種(メンタルケア心理専門士(R)分野)を名乗ることができる。

■メンタルケア学術学会(R)認定 研究会員・・・規定年間取得単位 年間15単位(2年毎更新制)

・研究会員とは・・・メンタルケア学術学会(R)研究員会員を名乗ることができる。

<学会研究会員制度>
当学会では、資格認定を受けた後に継続した心理・メンタルケアにかかわる知識・技術の研鑽や、社会への情報発信、また学会活動への積極的な参加や学会理念・活動に共感を持つ方に対し認定する制度です。

【認定対象者】
初年度10ポイント取得者を対象とし、かつ以下の条件とします。
1.正会員であること
2.ホームページ・ブログ・facebookでの情報配信をおこなっていること
3.学会活動、社会活動・ボランティア活動に積極的な行動意思があること。
<以上を2014年10月1日より以下を追加し適用する>

・ホームページ、ブログ、facebookの情報配信を行っており、且つ情報配信をポイント対象として当学会の審査に合格し登録されていること

【認定審査】
学会研究員制度登録申請書(2015年12月より実施予定)
研究員活動の具体的方針(レポート1200文字以内)、本制度登録に関する同意書(2015年12月より実施予定)

【認定更新】
初年度:10ポイント取得により申請後の審査合格をもって認定とします。
認定後は2年(年度)内に、15ポイントを取得と、年2回以上のコラムの出稿、活動報告レポートの提出で更新とします。

【更新料】
3,240円(※3年以上の自動会員更新申込をされている方、※5年以上連続し会員の方は無料とします)

【学会からの協力依頼】
当学会では研究会員に学会事業ならびに活動の協力をお願いしてまいります。その一例として下記のような内容です。依頼は都度もしくは継続しご依頼することを検討しております。ぜひご興味のある方は研究会員を奮ってご参加ください。

・当学会における研修・各種講座の運営委託または補助の依頼
・地域学習コミュニティ(仮称)の運営および補助
・ボランティア活動
・学会運営意見交換会など

対象となるメンタルケア学術学会活動と認定されるポイント一覧(2014年10月より改正)

該当する活動名
回数
加算ポイント
備考
学術大会講演 年1回 2ポイント 参加対象:正・準会員、一般
研究ガイダンス講座 年1回 1ポイント 学術大会時開催
(参加対象:正・準会員)
演題・研究発表 年1回 5ポイント 発表対象:正会員
※学会誌編集諸規定有
ポスター発表 年1回 3ポイント 発表対象:正会員
※学会誌編集諸規定有
演題・研究投稿 年1回 5ポイント 投稿対象:正会員
※学会誌編集諸規定有
研修講座 前・後期
複数回
1〜4ポイント 受講条件なし
(参加対象:正・準会員、当学会認定資格取得者)
U種講師指導者研修 前・後期 2ポイント

U種講師認定条件を満たすポイント取得者
(参加対象:正会員)

T・U種認定者研修・講座 前・後期 2〜4ポイント

T・U種講師認定者
(参加対象:正会員)

学会ポイント認可セミナー・シンポジウム   0.3ポイント 年間上限1P
(対象:正・準会員)
※ポイント換算規定有
ホームページ・ブログ・facebookでの情報発信   0.5ポイント 年間上限2P
(対象:正・準会員)
※ポイント換算規定有
社会活動・ボランティア活動レポート   0.5ポイント 年間上限2P
(対象:正会員)
※ポイント換算規定有

≪ご注意≫
1. 演題・研究発表、ポスター発表、演題・研究投稿につきましては、当学会審議委員会において学会誌編集諸規定に基づき厳選させていただきますため、必ず発表または投稿ができることを約すものではございません。予めご了承ください。
2. T・U種認定は学会認定規定単位取得後の審査は面接にて行わせていただきます。審議の結果によっては認定できかねる場合もございます。予めご了承ください。
3. 認定は年次更新となります。年次とは学会認定称号授与された月から、12ヵ月後までを指します。
4. 準会員にはポイント加算はございません。
5. 年次の例

平成21年9月1日 メンタルケア学術学会(R)認定1種講師 称号授与
更新期限:平成22年8月31日

年次更新期限までに規定単位数が取得できない場合は、認定は取り消されます。

学会認定規定単位の取得方法
図表1記載の活動に参加されると、当学会より年2回「単位認定書」が送付されます。この単位認
定書は、規定単位数達成後の、認定称号審査書類の1つとなりますので大切に保管してください。紛失された場合は、再発行可能ですが、手数料(540円(税込)+送料)を申し受けます。

認定費用について
メンタルケア心理専門士(R)(準メンタルケア心理専門士合格者ポイント認定合格)・・・認定審査料8,700円(税込・認定証3セット込)
U種講師認定・・・認定審査料10,800円(税込) ※更新時は認定更新料3,500円(税込)
T種講師認定・・・認定審査料21,600円(税込) ※更新時は認定更新料3,500円(税込)


≪ご注意≫
・認定期限を満了しても更新資格を有していない場合は更新できません。
・認定の更新とは連続した更新を指します。認定期限を満了しても更新されない場合は認定取消しとなります。

メンタルケア学術学会(R)では、メンタルケア心理士(R)・メンタルケア心理専門士(R)学習修了・資格取得者を対象として臨床技術教育にも注目し、現場での技術向上のためのプログラムが用意されました。

●学会参加及び独立講師養成研修により、協会教育指定校認定講師に!
●”教育者”として、”経営者”として教室の開設も!
●カウンセラー技術向上プログラム
●独立相談室カウンセラー

・・・ 他、自己研鑽の場や、カウンセラー同士のコミュニケーションの場としても!

入会のご案内はコチラ

ALL RIGHTS RESERVED BY LCM メンタルケア学術学会